Wallet Press(ウォレットプレス)

仮想通貨Ripple(リップル/XRP)に対応したウォレットは?

Rippleは2013年に登場した仮想通貨の銘柄であり、送金や決済の機能に優れた仮想通貨です。「Ripple」という言葉は、Ripple社によって開発されたプラットフォームや、技術自体のことを示すこともあります。単位はXRPで表されます。
Rippleは送金速度を格段に進化させており、銀行間の取引を主なフィールドとしています。Rippleを保管することができるウォレットは複数あり、それぞれのウォレットはとても優れたものばかり。
Rippleを購入しても、取引所に保管したままではハッキングで盗難されるリスクが高まります。購入したRippleはこの記事で紹介するおすすめウォレットに保管しましょう。

仮想通貨Ripple(リップル/XRP)の特徴とは?

Rippleが誇る最大の特徴は、取引の圧倒的な処理スピードです。ビットコインが1秒間に10回程度の処理を可能としていることに対して、Rippleは1秒間に1500回もの処理を行う事ができます。
1秒間に1500回は世界的に有名なクレジットカードであるVisaにも並ぶ速度。リップルネットワークには100を超える金融企業が参加しており、国際的な規模で送金が行われています。
日本でも三菱UFJ銀行がこのネットワークに参加しており、世界規模ではアメリカンエキスプレスのような大企業も続々と参加を表明しています。Rippleは世界的に注目されており、一時的に価格が下がることがあっても、将来には大きく期待されている仮想通貨です。

Ripple(リップル/XRP)を安全に保管できるおすすめウォレットは?

Rippleを取り扱う仮想通貨取引所は増えつつあります。しかしRippleを始めとした多くの仮想通貨は自己責任で管理しなければならず、法律で保護されることがありません。
仮想通貨取引所の注意事項にも、何らかのトラブルで仮想通貨を紛失する事態になっても補填する保証はないと書かれていることが多いです。もちろん、取引所による補填サポートが行われる場合もありますが、基本的には自分の資産は自己責任で取り扱うべきです。

PCやスマホでRippleを保管することができるウォレットはいくつもリリースされているので、Rippleを管理・運用する際にはウォレットを使うようにしましょう。もちろん、ウォレットを利用する媒体がウイルスに感染しないようにセキュリティも充実させて、自分の資産はきちんと守ってください。

Gatehub(ゲートハブ)

Gatehub(ゲートハブ)は、Rippleを安全に保管する機能を特化させたウェブウォレットです。Gatehubを利用すればRippleを安全に運用できるだけでなく、資産のバックアップを取ることもできます。バックアップがあれば、機種変更をした後でも資産を運用し直すことが可能です。
メールアドレスとパスワード、確認用のパスワードを入力して登録を行えば、バックアップに必要な復元鍵が生成されます。設定された復元鍵はバックアップに必要なので、絶対に控えを手元に保管しておきましょう。
送金方法も非常にシンプルで、相手側の名前とメール及びリップルアドレスを入力すれば、リップルネットワーク内で送金が成立します。初心者でも簡単に使うことができるので、非常に高い支持を得ています。

『ripple-client-desktop』というデスクトップウォレットも公開されており、こちらのウォレットを利用すれば自分のPCからでもRippleの運用を行うことが可能です。ただし、このウォレットはRipple社が関わっていないウォレットなので、完全に安全とは保障されません。
もちろん、高いセキュリティを誇っているので、分散して保管する時の候補として考えると良いでしょう。

Gatehub公式サイト:https://gatehub.net/

Toast Wallet(トーストウォレット)

Toast Wallet(トーストウォレット)は日本語には非対応のウォレットですが、WindowsとMac、AndroidやiOSなど様々な機種で利用できるRipple対応のウォレットです。
利用規約やトラブルが起こった際の責任など、全てが英語で書かれています。日本語に対応していないことが最大のデメリットですが、翻訳や英語の勉強を重ねていけばある程度は解消されます。
Toast WalletはスマホとPCを繋ぎ合わせることが可能であり、操作性は優れています。ただし、常にインターネットと繋がっているオンライン上のホットウォレットなので、セキュリティ面では万全とは言えません
日常の決済でRippleを利用する際にToast Walletを利用することがおすすめです。

Toast Wallet公式サイト:https://toastwallet.com/

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)

ウォレットの中には「ハードウォレット」というタイプのものがあり、USBメモリとよく似た形状を持つことが特徴のウォレットとなっています。このハードウォレットを利用することによって、インターネット環境から完全に切り離された状態でウォレットに仮想通貨を保管することができるようになります。
Leder Nano S(レジャー・ナノS)はRippleの保管に対応しており、PCに繋いだ時点で仮想通貨の送金や受け取りが可能となります。普段はインターネットから切り離されているため、不正アクセスを防止することができます。Ledger Nano Sに保管すれば、悪質なハッキングの被害から資産を守れます。
ただし、ハードウォレット自体が紛失した場合、保管した仮想通貨も同時に紛失してしまいます。このことへの対策としてバックアップキーが存在するので、ウォレット自体はもちろん、このキーも安全に管理するようにしましょう。また、Amazonなどの代理店で購入した場合、トラブルが起きても保証されないので、多少金額が高くても正規サイトから購入するのがおすすめです。

Leder Nano SはRipple以外の仮想通貨も保管が可能であり、今後も対応通貨が増えていくことが予想されます。公式サイトも日本語対応しているので、日本人でも利用しやすいです。

Ledger nano S公式サイト:https://hardwarewallet-japan.com/

RippleウォレットChrome拡張機能(ウェブウォレット)

Chromeのウェブストアから拡張機能として利用できるRippleのウォレットで、Google Chrome専用の新しいタイプのウェブウォレットです。Google Chromeの機能拡張によって動作するウォレットであり、簡単にRippleの送金や取引を可能とします。秘密鍵も守られて、また自分で削除することができるので、非常に扱いやすいです。
リリースされたのが2017年8月なのでまだ知名度が全体的に低く、これからどんな動きを見せるのかわかりません。新しいウォレットに興味があれば、Chromeの拡張機能を利用してみると良いでしょう。

Rippleウォレットインストールページ:https://chrome.google.com/webstore/detail/ripple-wallet/pbdihppojjickcoendiloibpjokjaobc?hl=ja&gl=JP

仮想通貨Ripple、取引所のウォレット以外にも保管場所は必須!

仮想通貨は基本的に自己管理しなくてはならないもの。もちろん取引所に保管していてもいいのですが、リスクについては把握しておくべきです。より安全に仮想通貨を管理するならウォレットを使いましょう。
このことはRippleもおなじ。まずはRippleに対応したウォレットのことを知り、英語で書かれている箇所は正確に翻訳しながら、自身が購入したRippleを信頼できる専用ウォレットに保管してください。
1つのウォレットに全ての仮想通貨を保管するよりも、複数のウォレットに分散して管理しながら、自分の資産を確実に増やしていきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP