Wallet Press(ウォレットプレス)

仮想通貨MONACOIN(モナコイン)に対応したウォレットは?

モナコインは日本発の仮想通貨で、2013年12月末に公開され、翌年の2014年1月にリリースされました。コインのキャラクターは、巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」で使われるアスキーアート「モナー」をモチーフにしています。

モナコインはライトコインをベースに開発されでいるので、ライトコインと非常に近い特徴を持っていますが、バージョンアップを繰り返すことで独自の姿に変化しています。
今回は日本産の仮想通貨モナコインを安全に保管できるウォレットをご紹介致します。

仮想通貨MONACOIN(モナコイン/MONA)の特徴とは?

モナコインは2013年12月に公開された国産の仮想通貨です。
ライトコインをベースとして開発されたモナコインは、平均ブロック作成時間およそ90秒と、ビットコインと比べとても高い頻度でブロックが作られています。そのため決済能力も非常に高く、国内において決済できる店舗が多くあります。

発行枚数はビットコインが2,100万枚に対し、モナコインは1億512枚と非常に多く、関連サービスを利用すればチップや投げ銭としても利用できます。
もともと、モナコインは良いコンテンツを制作した人に対してのチップ的な役割を目的として作成された仮想通貨なので、発行上限も多めに設定されているのです。

また、コミュニティ活動も非常に活発で、秋葉原の巨大スクリーンに広告を出したり、リアルモナコインを作って配布したりするなど、自分の資産を使って普及を広げようとする方も存在します。

2017年4月16日には、モナコインはSegWit(セグウィット)を実装しました。SegWit実装前の価格は6円ほどだったモナコインは、SegWit実装後に最大24円を記録しています。

MONACOIN(モナコイン/MONA)を安全に保管できるおすすめウォレットは?

Monacoin core


Monacoin core(モナコインコア)はMonacoin Project公式がリリースしているデスクトップウォレットです。
デスクトップウォレットとは、自分のパソコンにインストールして使うタイプのウォレットで、オフライン状態で使えることから高いセキュリティ性を確保できるウォレットです
Monacoin coreは、Mac・Windows・LinuxといったほとんどのOSに対応しており、登録も無料です。

モナコインの開発元がリリースしているウォレットのため、信頼性も非常に高く安心して利用することができます。もちろん取引所が破綻しても、外部ウォレットになるので影響を受けません。

デメリットとしてデスクトップウォレットは、安全性が高いという利点がありますが、「インストールに多少の時間がかかる・携帯性はない・取引をするためには一度外に出さなくてはならない」等の欠点もあります。

Monacoin core公式サイト

coinomi(コイノミ)


coinomi(コイノミ)は100種類以上の仮想通貨を保管できる、モバイルウォレットアプリです。

特徴として多くの仮想通貨に対応している点、非常にシンプルなデザインという点が挙げられ、直感的に操作することができます。開発元が海外にも関わらず日本語対応していることもメリットとして挙げられるでしょう。
coinomiは、仮想通貨の大手両替所であるChangellyとShapeshiftと提携しています。この提携により、coinomiはウォレット内の豊富な種類のアルトコインのほとんどを、安価な手数料で両替することができます

通常、他のアルトコインに変える際、一度ビットコインに変えてから好みのコインを購入しますが、coinomiはダイレクトに好きなアルトコインと交換することができるため、余計な手数料が発生することがありません。

デメリットとして、日本でも大変人気の高い仮想通貨であるリップル(XRP)やネム(XEM)に非対応である点が挙げられます。

coinomi(コイノミ)公式サイト

もにゃ


もにゃウォレットはパソコン、タブレット、モバイル端末でも仮想通貨を管理することができるウェブウォレットです。
モバイル版ではアプリがリリースされ、パソコン上からはブラウザ版(スマートフォンからも利用可能)を経由して利用することができます。

ウォレット名が「もにゃ」ということから一見、MONACOINのみと思いがちですが、その対応銘柄は豊富(20種類以上)で、基軸通貨となるビットコインはもちろんのこと、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ビットゼニーなどにも対応しています。さらにMonapartyなどのカウンターパーティー系の銘柄にも対応しているため、多様なカスタマイズができるようにもなっています。
Zaifとも提携しているので、決済手段として利用することも可能です。

気になるセキュリティ面ですが、暗号通貨の管理に必要となる秘密鍵を端末内のみに保持しているため、オンライン上で管理をするホットウォレットよりセキュリティが格段に高いです

もにゃ公式サイト

Electrum-mona


Electrum-mona(エレクトラムモナ)は、手軽に利用ができるライトウォレットと呼ばれるタイプのウォレットです。Monacoin coreとは異なり、全てのトランザクション履歴をダウンロードしなくて良いので、動作性がとても軽いです

デスクトップウォレットの中にはダウンロードによって数GBの容量を占有し、多いときでは1日以上かかってしまう場合もありますが、Electrum-monaは数十MB程度の占有量で済むため、容量の少ないPCを使用している方やダウンロードにあまり時間をかけたくないという方に向いています。
また、公式が承認していることから、セキュリティも非常に強固で安心して利用することができるでしょう。

デスクトップ型なので、持ち運びや実店舗での決済用としては向いておらず、どちらかと言うと「お財布」としてではなく、長期で保管する「金庫」のような感覚で利用すると良いかもしれません。

Electrum-mona公式サイト

TREZOR


TREZORはハードウェアウォレット型のウォレットで、USBメモリのような物理的デバイスをPCに接続して使用します。
ハードウェウォレットは、秘密鍵を物理的なハードウェアを用いてインターネットから切り離した状態で保存するため、ハッキングの被害を最大限に抑えることができます。
現在さまざまな種類のウォレットがリリースされていますが、ハードウェアウォレットは最もセキュリティ能力が高いウォレットだと言われ、そのハードウェアウォレットの中でも代表的なものがTREZORになります。

TREZORはセキュリティが大変強固なうえ、対応通貨も多く複数のアカウントを作成することが可能なので、用途に応じ使い分けることもできます。

ただし、Trezorは利用するためにはデバイスを購入しなければいけません。
ウェブウォレットやモバイルウォレットなどは、無料で利用することができますが、TREZORは初期費用として1台約1,5000円程かかります。そのため保有する資産が少ない人にとっては、あまり向かない保管方法と言えるかもしれません。

Trezor(トレザー)公式サイト

取引所のウォレット以外にも保管場所は必須!

MONACOINに対応したウォレットを幾つかご紹介しました。
ウォレットと言うと、一番最初に持つのが取引所のウォレット機能ですが、取引所に置きっぱなしにしておくよりも、外部のウォレットサービスを活用して分散管理をする方がハッキングへのリスクも減少します。
ウォレットにはそれぞれメリット、デメリットがありますので、使う用途に応じて使い分けるのが良いでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP