Wallet Press(ウォレットプレス)

仮想通貨モネロ(XMR)に対応したウォレットは?

仮想通貨には送金に特化した通貨や、プラットフォームとして機能する通貨など、さまざまな特徴を持った通貨があります。今回取り上げるMonero(モネロ/XMR)は、匿名性に特化した安全性の高い仮想通貨。
以前はコインチェックで取り扱われていたこともあり、国内においても大変人気のある仮想通貨です。今回はモネロを安全に保管できるウォレットをいくつかご紹介します。

仮想通貨Monero(モネロ/XMR)の特徴とは?

モネロは、2014年4月に公開されたアルトコインです。CryptoNightというProof of Workのアルゴリズムを採用しており、リング署名やワンタイムアドレスという技術により高い匿名性を実現。その匿名性の高さは、さまざまな業界から注目を集めています。

代表的な仮想通貨であるビットコインでは、Blockchain.infoなどを利用すれば「どのアドレスからどれくらい送金したか」など取引履歴(トランザクション)を閲覧することができます。
仮想通貨は匿名性が高いように思われがちですが、自分が所有しているビットコインアドレスから、どれくらいのビットコインを持っているか知られる可能性があるのです。

その点、モネロはリング署名、ワンタイムアドレスなどの特殊な技術を使うことで、外部からの追跡ができないようになっています。

リング署名は、グループに参加している複数人の署名をまとめてミックスすることによって署名元の特定を難しくする技術です。
さらに、このリング署名は1つのグループだけではなく、複数のグループが参加できるという特徴もあるので、さらに特定を難しくすることができます。

また、モネロには受金者の情報を完全に隠してしまう技術もあります。それがワンタイムアドレスです。

モネロのアドレスは閲覧用と送信用の2つの秘密鍵からなり、とても長いアドレスとなっています。モネロの取引はその長いアドレス宛に送金され、しかもそのアドレスは一度しか使えないため、受金者の特定ができません。この1回使い切りのアドレスがワンタイムアドレスなのです

モネロはこの「リング署名」と「ワンタイムアドレス」という2つの技術により、高い匿名性を可能としています。

Monero(モネロ/XMR)を安全に保管できるおすすめウォレットは?

Monero公式ウォレット


モネロの公式サイトからダウンロードできる日本語対応のデスクトップウォレットです。Monero公式ウォレットではMac、Linux、Windowsなどに対応しており、対応通貨はモネロのみとなります。秘密鍵をオフラインで管理するデスクトップウォレットなので、セキュリティ面がとても高いです

デメリットとしてMonero公式ウォレットは、ダウンロードに時間がかかります
Monero公式ウォレットはフルノード(ジェネシスブロックから最新ブロックまでの全てのブロックチェーン)をすべてハードディスクにダウンロードするタイプなので、時間と容量を必要とします。

Monero公式ウォレット

My Monero


こちらはMonero公式ウォレットとは違うウェブウォレット。多くのデータをダウンロードする必要がないので時間や容量に優しいウォレットです。

モネロのコア開発チームのサポートを受けながら開発されており、手軽に取引がしやすく、簡単にアカウントを作成することができます。

セキュリティ面はデスクトップウォレットのMonero公式ウォレットより少し劣るかなというところ。一般的にウェブウォレットは、秘密鍵のデータが運営会社のサーバーで管理されていることが多く、サイトが急にサービスを停止してしまうようなことがあった場合、資産が凍結されてしまう可能性もあります

また、セキュリティ管理がサイト管理者に一任されているため、もし誤った管理をしたときにサイバー攻撃を受けたら、資産が盗まれる可能性も孕んでいます

My Monero

​Monero Wallett


Monero Wallettはスマートフォンで管理するモバイルウォレットです。
こちらもモネロのコア開発者がサポートしており、iOS版とAndroid版の双方に対応しています

デスクトップウォレットの場合、インストールされているパソコンを使用しないとウォレットにアクセスできませんが、モバイルウォレットならスマートフォンからアクセスできるので、場所を選ばずいつでもどこでも手軽に管理することができます。

利便性の高いMonero Wallettですが、セキュリティ面ではややMonero公式ウォレットより劣るでしょう。
そのため、長期保有を予定している多額のモネロの保管用にではなく、すぐに送金する少額のモネロの保管用におすすめです。

​Monero Wallett

Ledger Nano S


Ledger Nano Sはもっともセキュリティが高いとされるハードウェアタイプのウォレットです。

仮想通貨を保管する上で、オフラインで保管するタイプのウォレットをコールドウォレットと呼び、オンラインで保管するタイプのものをホットウォレットと呼びます
My Moneroのようなホットウォレットは、オンラインで保管するのでセキュリティ面に不安を感じますが、Ledger Nano Sはオフラインで管理するので安全性がとても高いです。サイズもUSBメモリー程度なので、持ち運びが非常に楽でスペースも必要ありません。
対応通貨もモネロだけではないので、他の通貨含め一元化して管理することができます。

ただし、Ledger Nano Sからウォレットにアクセスするためにはパソコンを必要とするので、実際の取引においての利便性はやや弱点。
Ledger Nano Sのようなハードウェアウォレットは、まとまった大きな資産を管理するのに向いています。

Ledger Nano S(レジャー ナノ エス)公式サイト

取引所のウォレット以外にも保管場所は必須!

仮想通貨が世の中に浸透すればするほど、仮想通貨のハッキング被害も増えてきています。取引所のウォレットは売買を直接できるので、資産を預けたままになりがち。しかし、取引所のウォレットはハッカーに狙われる可能性が非常に高いのです。

現在では多くのデバイスに対応したウォレットがさまざまなところから提供されているので、リスクヘッジのためにも大事な資産を分散して保管するようにしましょう。

この記事に関連するタグ

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP