Wallet Press(ウォレットプレス)

仮想通貨オーガー(REP)に対応したウォレットは?

仮想通貨のひとつであるAugur(オーガー/REP)は、2016年に公開されたアルトコインです。以前まで国内取引所であるコインチェックでも取り扱われていたので、保有されている方も多いのではないでしょうか。
今回は仮想通貨オーガーの特徴も踏まえ、安全に保管できるおすすめのウォレットを紹介します。

仮想通貨Augur(オーガー/REP)の特徴とは?

Augur(オーガー/REP)とは日本語で占い・予言という意味。通貨単位はREPと表記します。

オーガーはギャンブルに関連するアルトコインです。通常のギャンブルでは、仲介者が存在し胴元が利益を得るシステムになっていますが、オーガーはイーサリアムのスマートコントラクトを用い、仲介者や胴元を通さず、個人同士で公正なギャンブル市場を作ることができます。

オーガーでは誰でも賭けの対象を作成することができ、誰でも参加することができます。また、その結果は胴元に委ねるのではなくユーザーが判断することにより、公正なギャンブル市場を構築します。

このようにこれから起きることに対し、仲介者を挟むことなく自動で行えるオーガーは分散型未来予測を成立させます。
オーガーではスマートコントラクトを利用することにより、予測の内容、ルール、報酬の配分などをブロックチェーン上に記録し、自動で実行するようプログラムされています。
また、ギャンブルの公正を保つために、正しい推察や報告を行ったものに通貨が付与される制度、レポーター制度を採用。必然的に正しい報告を行うようになります。

Augur(オーガー/REP)を安全に保管できるおすすめウォレットは?

オーガーはイーサリアムの規格、ERC-20に準拠したトークンとなります。ERC-20とはイーサリアムのブロックチェーン上で新規にトークンを発行する時に採用される統一の基準、仕様のことを指します。この規格に沿って作られたトークンは、共通したウォレットで管理することができます

My Ether Wallet


MyEtherWalletは、PCで操作を行うデスクトップウォレットです。ウェブウォレットのようにサーバー上に秘密鍵を保存しないため、MyEtherWalletのサーバーにハッキング等のサイバー攻撃がなされても自身の秘密鍵が漏洩することはありません。セキュリティ面においてウェブウォレットよりも高く、Mac、Windowsからも使用が可能です。

対応通貨は非常に多く、イーサリアム、オーガーは勿論、イーサリアムクラシック、また全てのイーサリアムトークン(Golem、OmiseGoなど)に対応しています。日本語に対応しているので操作に迷うこともありません。

デメリットとして 、MyEtherWalletは秘密鍵を保存しているPCなどの端末がウィルスによって操作された場合、管理している仮想通貨が盗まれてしまう可能性があります

MyEtherWallet公式サイト

Bitpie(ビットパイ)


Bitpie(ビットパイ)はオーガーを含め、40種類を超える仮想通貨に対応したウォレットアプリです。複数の秘密鍵で管理されるマルチシグ(Multisig)に対応しており、セキュリティ面において高い評価を得ています。またウォレットアプリでは珍しいパスフレーズ方式により、不正アクセスなどからご自身の仮想通貨をしっかり守ります。

インターフェイスも非常にシンプルな設計と評判。また、日本語に対応しているため、迷うことなく使えます。初心者の方でも問題なく利用することができるでしょう。

Bitpie(ビットパイ)公式サイト

ginco(ギンコ)


こちらもBitpie(ビットパイ)同様、スマートフォンで仮想通貨の管理ができるウォレットアプリです。利用に費用は一切掛からず無料で利用することができます。

ginco(ギンコ)は日本発のウォレットのため、日本語に完全対応しています。海外のウォレットでも日本語に対応したものはありますが、もしもの時、サポートに問い合わせたりする場合は、英語でコンタクトを取らなければいけないというケースもしばしば。しかし、gincoは日本企業がリリースしたアプリなので、日本語で安心して利用することができます。

gincoは手軽に使えるウォレットアプリでありますが、クライアント型方式と独自の暗号通信によって高い安全性を実現しています。クライアント型では自身の秘密鍵は自分の端末で管理するため、ハッキング等で盗まれるリスクが低くなります。

今後、ポートフォリオや仮想通貨の両替機能、ICO機能、デビットカード機能など、さまざまな機能を追加していく予定で、より利便性の高いウォレットになる予定です。

現在iOS版のみのリリースです。公式では近日Android版をリリース予定としています。(2018年9月22日現在)

ginco(ギンコ)公式サイト

Jaxx(ジャックス)


Jaxx(ジャックス)はMac OSやWindowsなどデスクトップでの使用に対応したウォレットで、モバイルウォレット版も対応あります。もちろんAndroid、iOSの両バージョンがリリースされているので、誰でも使用可能。さらにGoogleの拡張機能としても利用することができるので、複数のデバイスからご自身の資産を一括で管理することができます。

JaxxはPCとスマホの両方からアクセスすることができます。たとえば片方の端末が故障などで使えなくなったとしても、もう一方の端末からアクセスすることができるので、利便性においても非常に高いと言えるでしょう。

Jaxxは日本語に対応していないものの、インターフェイスは非常にシンプルに設計されており特別難しい機能などもないので、英語が分からない人でも全く問題なく利用することができます。

対応通貨はウォレットの中でも非常に多く、メジャーコインはもちろん、マイナーコインにも多く対応しています。各ウォレットに少額の通貨を分散して管理している方は、Jaxxで保管することで一括管理できるため、資産把握を簡素化することができます。

しかし、懸念点も。
Jaxxでは2017年6月に盗難被害が起こっています。この被害によりCEOは「Jaxxに大金を保管しないように」と言及していますので、高額の資産を保管するのは控えた方が良いでしょう。

Jaxx(ジャックス)公式サイト

Ledger Nano S


仮想通貨を保管する上で最もセキュリティが高いとされるハードウェアウォレット。Ledger Nano S(レジャーナノエス)はフランスLedger社が開発したハードウェアウォレットです。

Ledger Nano Sの最も評価できる点は、やはりセキュリティの高さにあります。
ハードウェアウォレットはウェブウォレットとは違い、オフラインで秘密鍵を管理します。インターネット上で秘密鍵を管理するウェブウォレットは、ハッキングの被害を受ける可能性が非常に高いもの。また、デスクトップウォレットではウィルス感染の恐れもあります。一方、ハードウェアウォレットはその確率が低いため、どちらのタイプのウォレットと比較してもセキュリティ能力は上をいきます。

対応通貨もビットコインをはじめ、イーサリアム、ライトコイン、リップルなど主要通貨に対応しています。ERC-20トークンにも対応しているので、この点においても利便性が高いでしょう。

デメリットとしてハードウェアウォレットであるLedger Nano Sは、端末購入費用が発生してしまいます。1台1万円以上するので、少額を管理するつもりの方は、相対的に高いと感じるかもしれません。
また、端末自体は小さく持ち運びするのにとても良いですが、実際使用するためにはパソコンのUSB端子に接続しなければいけません。手元にパソコンがないと作業を行えないという点には不便さを感じるかもしれません。

Ledger Nano Sは少額の保管、決済用としてではなく、高額の資産を保管する「金庫」のようなイメージで利用すると良いでしょう。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)公式サイト

取引所のウォレット以外にも保管場所は必須!

オーガーに対応するおすすめのウォレットをご紹介しました。
2018年に入っても、ハッキングのニュースはたびたび耳にします。ほとんどの場合、ハッキングの対象となっているのは取引所のウォレット。この現状を踏まえると、資産が大きければ大きいほど取引所のウォレット機能に保管するのは大変リスクがあるものだと言えるでしょう。仮想通貨の基本は自己責任・自己管理。ハッキングの被害にあって公開する前に、ウォレットを活用してみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP