Wallet Press(ウォレットプレス)

仮想通貨、ハードウェアウォレットのメリット・デメリットとは?どんなときに使う?

仮想通貨が流行っているからという理由で、何気なく通貨の購入に踏み切った人の中には、「仮想通貨をどうやって保管するのだろう?」と疑問に思っている方も多いでしょう。
実は、仮想通貨は取引所に預けたままではなく、現金と同じようにウォレット(財布)に保管しておく必要があります。
この記事で紹介するのは「ハードウェアウォレット」と呼ばれるタイプ。特徴やメリット・デメリットについて見ていきましょう。

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットは、仮想通貨をUSBやカードといった別のデバイスに保管するタイプのウォレットです。厳密にいうと、ハードウェアによって仮想通貨の秘密鍵やアドレスの情報を保管します。
仮想通貨を送金したりする場合は、必ずその人だけだけが知る秘密鍵とアドレスが必要になりますが、それらを別の端末によって管理するのです。

ウォレットの2つの種類

仮想通貨を保管する際のウォレットの種類にはいくつかあり、区別の仕方・呼び方も様々あります。一般的に、ウォレットは大きく2つに分類できます。

そのひとつが、今回紹介するハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットは必ずUSBやカードなど実際に所有する物理的な端末があります。
また、数は少ないですが秘密鍵などを紙にうつして保管する「ペーパーウォレット」もあります。これも物理的に保管するタイプのウォレットです。

もうひとつが、ソフトウェアウォレットと呼ばれるタイプ。これは、パソコンソフトやスマホアプリ上で保管するため、ハードウェアウォレットのように物理的に別の端末が存在しません。

ハードウェアウォレットとソフトウェアウォレットのメリット・デメリットについては、どちらも一長一短なので、ウォレット選びの際は合わせて覚えておくと便利です。次の項ではメリット・デメリットをみていきましょう。

ハードウェアウォレットのメリット


ハードウェアウォレット最大のメリットは、オフラインで保管するためにセキュリティー性が高いことです。
オンラインウォレットでは、常にウェブにアクセスされているために、ハードウェアウォレットと比較すると安全性は落ちます(オンラインウォレットが危険というわけではありません)。

また、取引所に預けておく場合と比較しても、ハッキングや取引所の倒産といったリスクがないため、安全性に長けていると言えるでしょう。

ハードウェアウォレットのデメリット

セキュリティーが高いのは、大きなメリットですが、その分利便性に欠けるのはデメリットです。例えば、送金をする場合、一度パソコンに接続してから使用しなければなりません。ソフトウェアウォレットであれば、もともとウェブにつながる場所で保管されているので、送金の際はスムーズに行えます。

また、コストがかかるというデメリットも。ソフトウェアウォレットは基本無料で利用できるものが多いです。
安全性を選ぶか、使いやすさを選ぶかは、通貨の量や保管期間、用途を考えて選ぶと良いでしょう。

ハードウェアウォレットの一般的な使い方


一般的にハードウェアウォレットはオフライン利用なので、一旦パソコンに接続してそこから送金などを行います。その際は、パソコンに専用ソフトをダウンロードする場合がほとんど。管理はオフラインですが、実際に使う場合はパソコンの操作が必要になります。
また、ほとんどのハードウォレットには初期設定があり、こちらもパソコンの操作が必要になります。

ハードウェアウォレットの初期設定

一般的なハードウォレットは、初期設定の際にPINコードと「リカバリーフレーズ」という暗証番号のようなものを設定します。これらの設定を行わないと、自分のウォレットにアクセスできず仮想通貨を失ってしまうことにもなりかねないので、注意しましょう。

このような使いづらさはデメリットではありますが、それを補ってあまりある安全性を備えているとも言えます。使い方に関しては各ウォレットの説明を良く読みたいですね。

おすすめハードウェアウォレット

さて、最後におすすめできるメジャーなハードウェアウォレットを紹介します。今回紹介するLedger Nano S(レジャー・ナノ・エス)、TREZOR(トレザー)、BITHD(ビットシールド)はどれも知名度が高く安心感も高いハードウェアウォレットになっています。

Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)


Ledger Nano Sは、国内でもっとも有名と言っても過言ではないハードウェアウォレットです。ユーザーは全世界で10万人いるとされ、対応通貨も多いのが特徴。2018年8月時点では27種類の通貨に対応していますが、今後もラインナップは増えていくことも発表されています。

デザイン性が高さも○。初心者の方にもおすすめできるハードウェアウォレットです。

TREZOR(トレザー)


TREZORも有名なハードウェアウォレットです。最大の特徴は、仮想通貨NEM、MONACOINに対応していること。この2種類を保管できるハードウェアウォレットは少ないので、取引をしている方にとってはマストとも言えるでしょう。初期設定も簡単におこなえるのも特徴です。

BITHD(ビットシールド)


BITHDは、スマホ用ウォレットアプリBitpie(ビットパイ)の専用ハードウェアウォレットです。

Bitpieもまた、使いやすいと評判のウォレットなので、BITHDと合わせての利用もおすすめです。

安全第一なら外せないハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットの最大の特徴は、高いセキュリティです。ただ、ソフトウェアウォレットと比べると、若干使いづらいというデメリットもありました。もし迷った場合は、仮想通貨の保有量や種類や用途を考えてから検討するのをおすすめします。
そして、もしハードウェアウォレットを利用する場合は、紹介したLedger Nano S(レジャー・ナノ・エス)、TREZOR(トレザー)、BITHD(ビットシールド)がおすすめ。まだ知らなかった方はぜひチェックしてみてください。

この記事に関連するタグ

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP