Wallet Press(ウォレットプレス)

仮想通貨ウォレットの種類と特徴は?目的に合わせてどう使い分ける?

ウォレットとは仮想通貨を保管するための財布のようなもの。その種類はいくつかに分類することができます。
仮想通貨は通常使われるお金よりも慎重に管理する必要があるため、ウォレットも用途に応じて保管する場所を変えるべき。
この記事ではいくつかのタイプに分類される仮想通貨ウォレットについて、その特徴からメリット、デメリットについて解説したいと思います。

ウェブウォレット

ウェブウォレットの特徴

ウェブウォレットとは、ウェブ上のサービスに登録してサービス運営者のサーバーに仮想通貨を保管する方法
インターネット接続のできる端末ならパソコンでもスマートフォンでも瞬時に残高の確認や送金手続きなどが行えます。

ウェブウォレットのメリット

ウェブウォレットはインターネットに繋がっていれば、どのデバイスからも接続が可能なため仮想通貨の出し入れや決済の利便性に優れたウォレットです。
利用方法もかんたんで費用もかからないことから仮想通貨を始めた方にも抵抗なく利用できるタイプのウォレットと言えるでしょう。
サービス運営者のサーバーに保管しているので、仮に登録した端末が壊れたとしても、別の端末で接続すれば、問題なく利用することが可能です。

ウェブウォレットのデメリット

ウェブウォレットは利便性が良い反面、他のウォレットに比べセキュリティが弱いとされています。
ウォレットには秘密鍵という、仮想通貨を動かすときに必要となるものがありますが、ウェブウォレットでは、この秘密鍵を第三者に委ねるため、管理体制によっては秘密鍵が盗まれ資産を奪われる可能性があります。

現在、ハッキングの被害率として一番多いのは、ウェブウォレットからの資産流出。このことから、ウェブウォレットには大金を入れておくのではなく、頻繁に取引する分の少額の資金だけ入れておくという使い方が良いでしょう。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットの特徴

ソフトウェアウォレットは、自分のパソコンなどに仮想通貨を管理するためのソフトウェアをインストールして使うタイプのウォレット。デスクトップウォレットやモバイルウォレットとも呼ばれています。
ソフトウェアウォレットはウェブウォレットとは違い、パソコンやスマホにソフトをインストールしてローカル環境で使用します。
ソフトウェアウォレットは全てのブロックチェーンをダウンロードする「完全型」と一部のチェーンをダウンロードする「簡易型」に分けられ、完全型の方がパソコンの容量が必要です。

ソフトウェアウォレットのメリット

個人でセキュリティを管理するため、ウェブウォレットよりもセキュリティが強いとされています。
よって多くの仮想通貨を保管する場合は、ウェブウォレットよりもソフトウェアウォレットを利用した方が良いでしょう。

ソフトウェアウォレットのデメリット

ソフトウェアウォレットはパソコンやスマホにダウンロードして使用することから、インターネット経由でハッキングされる恐れがあります。
また、完全型だとパソコンへのインストールにも時間を要し、立ち上がりも遅いことから頻繁に入出金を行うには向いていません。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットの特徴

ハードウェアウォレットは、仮想通貨の管理に重要とされる秘密鍵やアドレス情報をUSB、若しくはカードのようなデバイスに保存し管理するタイプのウォレットです。ハードウェアウォレットでは、インターネット接続から切り離して仮想通貨を保管することができます。

ハードウェアウォレットは、デバイス自体に仮想通貨を保管すると思いがちですが、決してそうではありません。デバイスには自身の秘密鍵を保管しています。
仮想通貨の取引は、アドレスと秘密鍵が一致しないと送れない仕様であるため、秘密鍵さえしっかり管理されていれば、資産の安全管理が可能。ハードウェアウォレットのデバイスには、仮想通貨が入っているのではなくこの秘密鍵が暗号化されたデータとして存在しています。

ウェブウォレットでは、この秘密鍵を第三者に委ねているため、自分の秘密鍵を知ることはできません。

ハードウェアウォレットのメリット

オフラインで保存するコールドタイプということで最もセキュリティが高いと言われています。多くの仮想通貨を保有されている方は、ハードウェアウォレットで保管した方が良いでしょう
インターネットにつなぐことなく保管することが可能であるため、ハッキングのリスクを高いレベルで回避できます。銀行にお金を預けるような感覚で使うべきなのが、このハードウェアウォレットでしょう。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットを取り扱う上で重要なのは、その仕組みを知ることです。
先述の通り、ハードウェアウォレットはそのデバイスに仮想通貨を保管するものではありません。

Ledger nano S、TREZOR、Keepkeyといった著名なハードウェアウォレットでは、24の単語が秘密鍵のリカバリーフレーズとなっています。秘密鍵自体もハードウェアウォレットの中でさらに暗号化されており、他人と同じになることはありません。
リカバリーフレーズをなくしたり、若しくは間違ってメモしたりしてしまうと、二度と仮想通貨を取り戻すことができないので、厳重に保管する必要があります。

また、他人にリカバリーフレーズが漏れるとウォレット内の仮想通貨が盗まれてしまいます。
デバイスの故障や紛失では、再度購入すればアクセスすることができますが、リカバリーフレーズを忘れてしまうとアクセスすることができないので、保管には充分気をつける必要があるでしょう。

また、利便性に関しては他のウォレットと比較した場合かなり劣ります。頻繁に出し入れするにはハードウェアウォレットは向いていません。

主要なウォレットはこの3種類

以上、主要な3種類のウォレットについて特徴やメリット・デメリットをまとめました。どのタイプもそれぞれ長所や短所があります。シチュエーションや自身の目的に応じて利用するのが良いでしょう。
またすべての資産を一箇所に保管するのではなく、さまざまなウォレットにわけて保管することもとても重要です。分散して管理することが資産流出のリスクヘッジにもなるのです。

この記事に関連するタグ

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP