Wallet Press(ウォレットプレス)

仮想通貨の資産を守るマストアイテム!ウォレットとは?

2017年末の高騰からは、やや落ち着いた感のある2018年の仮想通貨市場。
バブルが収束し、価格が落ち着いてきた面はある一方で、仮想通貨市場にとって向かい風となるニューストピックの影響も度外視することはできません。
そのなかには日本の大手取引所から通貨が流出してしまうという事件もありました。この事件では取引所のずさんな管理方法が問題となり、この事件をきっかけとして仮想通貨の安全管理が大きな注目を集めることとなります。

みなさんはどのように仮想通貨を管理していますか?
頻繁に取引していた2017年から、市場の収束を理由にあまり取引しなくなった2018年になっても、同じように取引所に預けっぱなしにしてはいないでしょうか?
あなたの大切な資産が流出によって失われてしまわないために。この記事では仮想通貨安全管理のマストアイテム、ウォレットについて詳しく紹介します。

仮想通貨ウォレットとは?


仮想通貨のウォレットとは、文字通り仮想通貨の財布のようなものです。
一般的には取引所で管理するよりもウォレットで通貨を管理する方が安全だと言われており、安全管理への意識が高い人ほどウォレットを使用している率も高いようです。

ウォレットには保管方法の違いなどから、いくつかの種類があります。それぞれのウォレットについて詳しくは後述いたします。

なぜ仮想通貨にはウォレットが必要?

では、なぜ仮想通貨ではウォレットが安全だと言われ、取引所が危険だと言われるのでしょうか?ウォレットが必要とされる理由について見ていきます。
誰にでもスムーズに理解できるよう、ここではお金(法定通貨・フィアット)と銀行の関係に例えながら、仮想通貨ウォレットについて考えていきましょう。

取引所はなぜ安全ではないとされるのか

日本では大部分の人が銀行にお金を預けていると思います。この預金は銀行が経営破綻でもしない限り、まず失われることがありません。
「銀行に預けてさえいれば資産の安全は確保される」
このように日本人のほとんどが銀行の安全性を信頼しています。だからこそ大部分の人が銀行にお金を預けているのです。

しかし、これが仮想通貨取引所となるとそういうわけにはいきません
少なくとも年間に一度や二度くらいはハッキングの報道があり、噂まで含めたら2か月に一度ほどは何らかのネガティブトピックがあがってきます。
これでは銀行のように安全性を信頼するのは到底無理でしょう。

このように比較すると、「銀行だって銀行強盗のリスクがある」と思う方がいるかもしれません。
しかし、それは違います。ここにも銀行と取引所の大きな違い、取引所が安全ではないとされる理由を見出すことができます。

銀行の場合、銀行強盗のせいでお金を失っても、私たちの預金が奪われているわけではありません。私たちが銀行口座に預けているお金は保証されています。
一方で、取引所の場合は、先述の流出事件を例にとっても、私たちが預けていた通貨が失われたことになっています。
結果として先の流出事件では取引所が大部分を補填する形となりましたが、取引所のずさんな管理方法が原因で起こった流出に対して、私たちの資産が保証されないという点は、取引所に通貨を保管することが安全ではないとされる理由のひとつと考えられるでしょう。

ウォレットが取引所より安全とされる理由

取引所が安全ではないとされる理由についてはわかっていただけたかと思います。しかし、ここまでの記述ではウォレットの方が安全である理由については触れていません。この項では、ウォレットが取引所より安全とされる理由についてお話します。

ウォレットが取引所より安全とされる理由は、ほぼこの1点に集約されています。それは取引所の方がハッカーに狙われやすいという点です。
想像してみてください。あなたがハッカーだった場合、たくさんのお金を狙える場所と少しのお金しか狙えない場所、どちらをターゲットに選ぶでしょうか。
普通は前者の「たくさんのお金が狙える場所」を選ぶと思います。「たくさんのお金が狙える場所」、それが取引所です。
このような理由から取引所が危険とされ、よりパーソナルな保管場所であるウォレットが安全だと言われているのです。

ウォレットの種類と特徴

ウォレットには大別して2種類があります。それがソフトウェアウォレットとハードウェアウォレットです。まずはこの2種類について解説します。

ソフトウェアウォレットとは?

ソフトウェアウォレットはアプリケーションのようなソフトウェアとして動くウォレットの総称です。仮想通貨ウォレットのほとんどはこちらに属します。
後述のハードウェアウォレットと比較すると、利便性の面でメリットがありますが、インターネットにつながっているという特性上、ハッキングのリスクをゼロにすることはできません。そういう意味では利便性重視のウォレットタイプと言えます。
広い意味では取引所のウォレット機能もソフトウェアウォレットに分類されます。

ハードウェアウォレットとは?

ソフトウェアウォレットに対して、ハードウェアウォレットは物理的にモノとして存在するウォレットの総称です。
もっとも安全な仮想通貨の管理方法が、このハードウェアウォレットだと言われており、ウォレットの中でも特に安全性に重点を置いたウォレットタイプです。

ソフトウェアウォレットの種類


ソフトウェアウォレットのなかにもタイプによっていくつか分類があります。簡単に特徴やメリット・デメリットを紹介します。

ウェブウォレット

ウェブ上のウォレットサービスを利用するタイプのウォレットです。誰でも利用できるパブリックな場所に預けているので、取引所のように狙われてしまうリスクがあり、安全性はそれほど高くありません。
大きな意味では取引所もウェブウォレットに分類することができます。(取引所のウェブウォレット機能を利用していると考えることができるため)

デスクトップウォレット

パソコン上にアプリをインストールし、デスクトップで仮想通貨を管理するのがデスクトップウォレットです。
ネットワークにはつながっているものの、アプリ自体はローカルで起動するため、ウェブウォレットに比べると安全性で少し勝ります。デメリットはスマホからでは利用ができない点です。

スマホウォレット

デスクトップウォレットのスマホ版が、このスマホウォレットです。スマホにアプリをインストールし、そのアプリ上で仮想通貨を管理します。ウェブウォレットとデスクトップウォレットの欠点を補っているのが、スマホウォレットということができるでしょう。モバイルウォレットと呼ばれることもあります。

ハードウェアウォレットの種類


ソフトウェアウォレットと同じく、ハードウェアウォレットのなかにも分類があります。簡単に特徴やメリット・デメリットを紹介します。

一般的なハードウェアウォレット

USBやBluetoothなどで端末をパソコンと接続し、専用のアプリを使って通貨を端末に移動します。
USBやBluetoothなどの接続を切ってしまえば完全にインターネットと切り離された状態となるため、極めて安全に仮想通貨を管理することができます
一方で、保管している資産を売買や送金などに使いたい場合には、再度ネットにつながっているウォレットに移す必要があるため、利便性では他のウォレットに軍配が上がります。

ペーパーウォレット

ウォレットアドレスや秘密鍵を紙(ペーパー)に書き写したり、印刷したりして通貨を保管する方法です。
一般的なハードウェアウォレットと比較すると、端末を用意する必要がない分、コストが安く済む一方で、紙は紛失しやすく、字がかすれて読めなくなってしまうというリスクもあります。
他のウォレットとは違い、他者を信頼する必要がないという点、書き写すときや出金時以外はネットに一切つながらないという点では、最高に安全な管理方法と言えるでしょう

ホットウォレットとコールドウォレットはどういう分類?

ウォレットについて調べていると、ここには記載していない単語を見かけることがあると思います。それがこのホットウォレットとコールドウォレット

ホットウォレットとコールドウォレットの違いは、ウォレットがインターネットにつながっているかどうかです。インターネットにつながっているものをホットウォレット、つながっていないものをコールドウォレットと呼びます。ハッキングなどのリスクを考えると、安全性の面ではコールドウォレットが有利ですが、すぐに取引や送金ができるといった利便性では、ホットウォレットが有利です。

上述のウォレットの説明文はすべて、ホットウォレット=ソフトウェアウォレット、コールドウォレット=ハードウェアウォレットに読み替えることができます。

仮想通貨の安全管理にウォレットはマストアイテム


仮想通貨市場が大きくなればなるほど、取引所がサイバー攻撃のターゲットになる可能性は高くなります。今後の仮想通貨の広がりを考えると、早い段階でウォレットを導入するのが、仮想通貨管理のベストアンサーでしょう。
ウォレットについて詳しくなったこのタイミングで、通貨の安全管理について真剣に考えてみてはいかがでしょうか?転ばぬ先の杖となってくれることはまず間違いありません。

この記事に関連するタグ

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP