Wallet Press(ウォレットプレス)

ウェブウォレットの特徴やメリット・デメリットを解説

仮想通貨を安全に管理する方法であるウォレット。そのなかには仕組みなどによって複数の種類があります。
今回はそのうちのひとつウェブウォレットの特徴、メリット・デメリットについて詳しく紹介します。

ウェブウォレットとは?

ウェブウォレットとは、インターネットのウェブサイト上に仮想通貨を保管するというウォレットサービスです。仮想通貨取引所内にある保管サービスもウェブウォレットに該当します。

ウェブウォレットを利用するためには、ウェブサイト上に預けるという仕組みから、インターネットに接続する必要があります。このようにオンライン状態でしか仮想通貨の残高を確認したり、送受金をおこなったりすることができないため、オンラインウォレットとも呼ばれています。

ウェブウォレットのメリット

ウェブウォレットのメリットは、準備が手軽ということです。ウォレットにはいくつか種類がありますが、中にはウォレット自体を購入する必要があったり、専用のソフトやアプリをインストールしたりする必要があります。
しかし、ウェブウォレットならば、自分で設定したログインIDやパスワードを使ってログインするだけで使用することができます。まだ仮想通貨を取り扱い始めて間もない人にとっては、最も負担の少ないウォレットになるでしょう。

また、ウェブウォレットでは単体で存在していることよりも別のサービスと連携していることが多いです。仮想通貨取引所もメインとなるサービスは取引であり、取引に使う資金を毎回準備する手間を省くためウェブウォレットは存在しています。
このように別のサービスと連携している場合にはウォレットを使用するために必要なログインIDやパスワードは、別サービスのログインIDやパスワードと共有しています。取引所を例に挙げると、綿密な繋がりを持つ取引と資産管理を同じIDとパスワードで一括管理することができます。

ウェブウォレットのデメリット

ウェブウォレットを使う上で最も大きな問題は、セキュリティ面の不安です。インターネットに接続した状態でしか残高を確認できないウェブウォレットでは、ハッキングやフィッシング詐欺の危険に晒されています。
例えば2018年1月にコインチェックのNEM流出事件が発生しました。この事件の原因は、オンライン状態でのウォレット管理だと言われています。取引所を狙ったサイバー攻撃は続いており、イタリアのビットグレイル、韓国のコインレール、ビッサムとすでにいくつもの事件が起きています。

セキュリティ向上のためにウェブウォレットの中には、コールドウォレット(オフライン状態でのウォレット状態の確認)やマルチシグ(複数の秘密鍵によるウォレット管理)などを実施しているところもあります。仮想通貨取引所のウェブウォレットならば、セキュリティにも気を配っているところが多いです。
しかし取引所以外のウォレットでは、必ずしもセキュリティ向上に努めているとは限りません。セキュリティ実施を明記していても十分に機能していない危険性もあります。仮想通貨取引所のウェブウォレットも含めてセキュリティは、ウェブウォレットで最も神経を使う部分です。

ウェブウォレットの一般的な使い方

ウェブウォレットの一般的な使い方は、ひとつのウォレットにお金を保管しすぎないことです。ひとつのIDとパスワードを入力するだけでウォレットと連携されたサービスの両方を使うことのできるウェブウォレットは、利用者側から見れば非常に便利な存在です。

一方でウェブウォレットのセキュリティに関しては、強固とは言えません。どの程度の強度を維持しているかの大部分は、ウォレット管理者に依存しています。そこでサイバー攻撃を防ぐことを考えるのではなく、最悪サイバー攻撃を受けても仕方ないと思える金額を預けましょう。

おすすめウェブウォレット

おすすめウェブウォレットは、以下の3つになります。

  • 取引所のウォレット
  • Blockchain.info
  • GreenAddress

取引所のウェブウォレットのメリットは、取引所との連携です。取引所のウェブウォレットに保管してある通貨は、そのまま取引に使用することが出来ます。更に取引で得た通貨もウェブウォレットに保管したり、別のウォレットに送金したりすることが可能です。

ビットコインの最新ブロックやハッシュレートなどを確認できるBlockchain.infoのウォレットでは、保管するだけではなく仮想通貨間での両替が可能です。対応している仮想通貨は、2018年8月現在ビットコインとイーサリアムの2種類だけとなっています。

マルチシグを導入しているGreenAddressのウォレットの特徴は、デスクトップ・モバイル・ハードウェアウォレットなど他の種類のウォレットと互換性があることです。二段階認証やオートログアウトなどの設定もあり、セキュリティを重視しています。

利便性に富むウェブウォレット。利用には注意が必要

オンラインウォレットとも呼ばれるウェブウォレットは、便利ではあるもののセキュリティに問題を抱えています。
送金の手間や手数料を考えるとウェブウォレットで一括管理したくなりますが、ハッキングされた場合のことも考えて預けすぎないようにしましょう。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP