Wallet Press(ウォレットプレス)

ウォレットアプリのファーストチョイス!Bitpie(ビットパイ)の特徴、対応通貨は?

みなさんがウォレットに求めるのは、いったいどのような要素でしょうか?
取引所での管理をやめてウォレットで資産管理をする以上、安全でなければ意味がないのはもちろんですが、それ以外にもウォレットに求められる要素は多くあると思います。
たとえば、
・いつでもどこでもアクセスできる
・初心者にも使いやすい
・たくさんの通貨を管理できる
・拡張的な機能を持つ

などがよく挙げられる点。いくつかの要素を満たすウォレットはあっても、すべてを満たすウォレットはなかなか見つからないのが現状です。

しかし、これらすべてを満たすウォレットがあるのをご存知でしょうか?今回は万能ウォレットアプリBitpieについて紹介します。

Bitpie(ビットパイ)の特徴

堅牢なセキュリティ

まずウォレットにおいてこの点は外すことができません。
Bitpieは堅牢なセキュリティが特徴です。

まず、Bitpieがクライアント型のウォレットだということについて触れましょう。
クライアント型のウォレットとは、秘密鍵をアプリ側の統合サーバーではなく、個々のスマートフォンで管理するタイプのウォレットのことです。

もともと取引所で資産を管理することが危険だと言われる理由に、統合管理であるという点があります。取引所は世界中の人の資産が集まってくる場所。その情報が統合されるサーバーには、想像もつかない額の仮想通貨が保管されています。
攻撃者にしてみれば、そんなサーバーは格好のターゲット。プライベートな保管場所に比べて圧倒的に目につきやすく、攻撃されるリスクはおのずと高まります。

また、取引所での資産管理では、秘密鍵を自己で管理することができません
ユーザーの秘密鍵は取引所に預けられ、取引所によって管理されています。仮想通貨における秘密鍵は、たとえるなら金庫の鍵、銀行口座の暗証番号のようなものです。
これほど大切なものを、攻撃者の格好のターゲットとなるような場所に置いていると聞けば、多くの人がぞっとするでしょう。
以上のように仮想通貨の資産管理において、プライベートな場所に資産を置くこと、秘密鍵を自己で管理することは、最重要事項と言っても過言ではありません。

クライアント型ウォレットは、この取引所保管の2つの重要事項を一挙に解決します。いかに安全であるかがわかっていただけるでしょう。

さらに、Bitpieはマルチシグネチャーによる秘密鍵の管理にも対応。Bitpieは最高レベルのセキュリティを備えているのです。

40種類を超える豊富な取り扱い通貨


Bitpieの取り扱い通貨数は、2018年8月時点で、なんと40種類以上
イーサリアム(ETH)とイーサリアム系トークンといったような同一ブロックチェーン上の通貨だけではなく、異なるブロックチェーンで発行されている通貨にも対応しており、Bitpieさえあれば他のウォレットは必要ないというラインナップです。
自身のポートフォリオにある通貨を安全管理するために、4つも5つもウォレットを扱わなければならないのはナンセンス。(もちろんリスク分散のためは例外)主要通貨を網羅しているウォレットが利便性においても秀でるのは言うまでもありません。

また、メインネット移行が話題となったイオス(EOS)やイオス系のトークンにも幅広く対応。現状ここまで対応しているウォレットはほとんどないでしょう。

使いやすいユーザーインターフェース

もちろん使いやすさの面も蔑ろにはしていません。初めてのウォレットだとしても困るような場面はなく、初心者の方にも手放しでおすすめできます。
日本発のウォレットではないのですが、日本語には対応済みなので、英語表記が不安という方にもぴったりでしょう。

開発したのは、ビットコイン公式であるBitcoin.orgに推薦されたBither Walletの制作チーム
デスクトップウォレットとモバイルウォレットという違いこそありますが、著名なウォレット制作チームのノウハウが生かされたウォレットが、使いにくいわけがありません。

幅広い拡張性

Bitpieは仮想通貨同士の交換や、レンディングにも対応しています。ウォレットとして十分な機能を持ちながら、拡張的な機能も持つBitpieは、コアユーザーからも大きく注目されているウォレットなのです。

また、今後は専用のハードウォレットBITHDの販売も予定しています。BitpieとBITHDを使って資産を管理すれば、もう安全面での心配は皆無かもしれません。

Bitpie公式サイト:http://bitpie.co.jp/
iOS版のダウンロードはこちら
Android版のダウンロードはこちら

Bitpieを利用するメリット・デメリット

Bitpieのメリット

・使いやすいインターフェース
・圧倒的なセキュリティ性能
・40種を超える対応通貨
・開発はウォレット開発に実績のある制作チーム
・ほかのアプリにはない幅広い拡張性

Bitpieのデメリット

・日本で人気のリップル(XRP)、ネム(XEM)に未対応

Bitpieの対応通貨

Bitpieは40種を超える通貨に対応しています。ここでは2018年8月時点での全対応通貨を、ウォレット内でのカテゴリに基づいて記述します。(トークンを含め全53種類)

BTC/Forks

このカテゴリにはビットコインと、ビットコイン系のフォークコインが分類されています。

Bitcoin(ビットコイン/BTC)
・Bitcoin God(GOD)
・Bitcoin File(BIFI)
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)
・Bitcoin Candy(CDY)
・Bitcoin Gold(BTG)
・Super Bitcoin(SBTC)
・Bitcoin World(BTW)
・Bitcoin Diamond(BCD)
・Bitcoin Faith(BTF)
・Bitcoin Pay(BTP)
・Bitvote(BTV)
・Bitcoin Pizza(BPA)
・Big Bitcoin(BBC)
・BitcoinX(BCX)
・Lightning Bitcoin(LBTC)

ETH/Token

このカテゴリにはイーサリアムと、イーサリアム系のトークンが分類されています。

Ethereum(イーサリアム/ETH)
・Bytom(BTM)
・Aeternity(AE)
・aelf token(ELF)
・IOSToken(IOST)
・Tronix(TRX)
・Zilliqa(ZIL)
・BetCube(BET)
・OmiseGo(オミセゴー/OMG)
・TenXPay(PAY)

EOS/Token

このカテゴリにはイオスとイオス系のトークンが分類されています。

EOS main chain(イオス/EOS)
・everipediaiq(IQ)
・eosadddddddd(ADD)
・eoscancancan(CAN)
・wizboxairdro(WIZBOX)
・therealkarma(KARMA)
・eosdactokens(EOSDAC)
・eoxeoxeoxeox(EOX)
・horustokenio(HORUS)
・challengedac(CHL)
・ednazztokens(EDNA)

Stable Currency

このカテゴリにはステーブルコイン(価格が安定している通貨)が分類されています。

・USDT Omni(USDT-OMNI)
・StableCurrencyTokenCNY(SCNY)
・Tether USD(テザー/USDT-ERC20)
・TrueUSD(TUSD)

Other

このカテゴリには、ここまでのカテゴリには属さないその他のコインが分類されています。

Tron(トロン/TRX)
Quantum(クアンタム/QTUM)
・Hcash(HSR)
Litecoin(ライトコイン/LTC)
・Litecoin Cash(LCH)
・DASH(ダッシュ/DASH)
・SAFE(SAFE)
Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)
・Bitcoin New New(BTN)
・Dogecoin(ドージコイン/DOGE)

ウォレットを探しているなら。Bitpieはファーストチョイス!


以上、Bitpieの特徴やメリット・デメリット、対応通貨を紹介しました。
ここまで読んでいただいた方ならわかるとおり、Bitpieは完全無欠のウォレットアプリです。
強いて欠点を挙げるとすれば、日本でファンの多いリップル(XRP)やネム(XEM)に対応していないことくらいでしょう。この点に関しても今後、対応通貨は増えていくことが予想されるので、解消に向かうはずです。
もちろんBitpieはiOS版もAndroid版もリリース済み。初めてのウォレットを探している。今使っているウォレットよりも良いウォレットを探している。そのような方は一度使ってみてはいかがでしょうか?ずっと探していたウォレットに出会うことができるかもしれませんよ!

Bitpie公式サイト:http://bitpie.co.jp/
iOS版のダウンロードはこちら
Android版のダウンロードはこちら

この記事に関連するタグ

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP