Wallet Press(ウォレットプレス)

ウォレットアプリBitpie(ビットパイ)の使い方は?設定や入出金について

2018年3月に日本語版がリリースされたウォレットアプリBitpie(ビットパイ)は、高度なセキュリティ機能を持ち、ビットコイン、イーサリアムなどのメジャー通貨は勿論、そのほか40種類以上の通貨に対応したウォレットアプリです。

また、ユーザー目線に立った使いやすいインターフェースで、普段使い慣れていない初心者の方でもノンストレスで利用することができます。

iOS版とAndroid版の両方でアプリをリリースしているので、スマートフォンをお持ちの方ならば、誰でも利用することができます。

今回はウォレットアプリBitpie(ビットパイ)の特徴や使い方、設定方法について解説します。

Bitpie(ビットパイ)が選ばれる3つの特徴とは?

初心者でもすぐ使いこなせるほど操作が簡単

Bitpieはシンプルなインターフェースが特徴のアプリなので、初心者の方でも簡単に利用することができます。また、2018年3月に日本語に対応したことで、設定までのプロセスも今まで以上に簡単になりました。

基本となる入出金作業はテキストのアドレス以外にQRコードにも対応。
また、「アドレスシェア」をタップすると別のアプリとアドレスの共有ができ、テキストアドレスをタップすればアドレスのコピーができます。選択した通貨は、アプリ画面の中央に大きく表示されるため、通貨を間違えたまま取引を行う心配も少ないです。

対応通貨・トークンの豊富さ

ビットコイン、イーサリアムなどの主要通貨は勿論、ビットコインのフォークコインやイーサリアム系のトークン、さらにイオス系のトークンも保管することができます。

対応通貨は40種類以上もあり、これまでは対応するウォレットがなかった通貨もBitpieなら安全に管理が可能です。

高セキュリティを実現!専用のハードウォレットでより強固な資産管理を

ウォレット選びで一番気になるのがセキュリティ面ですが、Bitpieは強固なセキュリティを実現するため、複数の鍵を必要とするマルチシグネチャに対応しています。
さらにウォレットアプリではあまり使用されないパスフレーズ方式のログインを採用してセキュリティ力を強化し、ユーザーの大事な資産をしっかりと守ります。
さらに専用のハードウェアウォレットBITHDも発売予定。セキュリティ面の不安をより少なくする選択がBitpieだと言えるでしょう。

Bitpie(ビットパイ)、まずはインストール&設定から

iOS版のダウンロードはコチラから

Android版のダウンロードはコチラから

アプリをダウンロードすると12個の秘密の言葉をメモするよう指示がでます。

このメモ内容はスマートフォンを破損・紛失したとき、アプリを復元するために必要になるので、必ずメモを取るようにしてください。

画面をスクリーンショットしようとしても、「アプリまたは組織によって許可されていないため、スクリーンショットは撮れません。」と表示され保存することができません。これは、スクリーンショット機能を使うと、撮影権限を許可されたアプリから内容を覗き見ることができるため。安全のためにしっかりメモするようにしましょう。

①まず最初に表示される画面で以下の文面が表示されます。

「bitpieはwalletです。12個の秘密の言葉を必ずメモして下さい。これらの単語を使用してのみアカウントの復元が行えます!紛失されると通貨は戻りません!重要」

アンインストールしないアプリデータクリアしない12個の秘密の言葉をメモ大切に秘密の言葉を保管

以上の内容を承諾したら「使用開始」をタップします。

②次の画面では、上記で示された「12個の秘密の言葉」をメモするように指示がでます。
この12個の単語を控える際、配列が重要ですのでその通りに紙にメモしてください。

12の単語をメモしたら「メモをしました」をタップします。

確認を促すコメントが中央部に表示されるので「メモしました、次へ」をタップします。

③次の画面で先ほどメモした単語を入力します。
画面下部に先ほどの単語がバラバラに表示されているので、メモの通りに単語を入力してください。

正しく入力するとパスワード設定画面(下の画面)に変わります。

自分の好きな数字(6行)を入力してください。

入力を終えると再入力を求められるので、再度同じ数字を入力します。

以上の設定を終えると上の画面へと変わり、ウォレットが開きます。
デフォルトの状態はBTCのウォレットです。希望する通貨のアイコンをクリックすると、その通貨のウォレットが開きます。

セキュリティ設定方法

セキュリティの設定画面に進むには、ホーム画面の右下「Me」をタップします。すると、左上の画像に変わるので、その上「歯車マーク」をタップしてください。

歯車マークをタップすると設定画面(右上画像)へと変わるので、各項目に応じ設定を変更することができます。

Bitpie(ビットパイ)、保管する通貨を追加しよう!

保管する通貨を追加したい場合は、Walletの画面(右上の画像)を開き左上の「+」をタップします。
すると画面が左の画像に変わります。

①は通貨のカテゴリが表示されています。
例えばBCHを追加したい場合は、①から「BTC/Forks」を選択。
②で示すように保管可能なフォークコインが表示されるので、BCHを見つけます。
BCHが見つかったら③のボタンをタップ。緑色に変われば追加完了となります。

資産額を日本円に設定するには?

Bitpieでは資産の表示をUSD、CNY、EUR、JPYの4種類の法定通貨から選択することができます。
資産額を日本円に設定するときは、右下にある「Me」をタップします。
一番下までスクロールするとデフォルト通貨という項目があるので、そこをタップしてください。

デフォルト通貨をタップすると右側の画面が表示されるので、日本円表示にしたいのであればJPYを選択すれば完了です。

Bitpie(ビットパイ)はアプリへの入出金方法も簡単!

通貨の入出金を行うには、右下のWalletをタップします。
Walletをタップすると上の画面に変わるので、対象となる通貨を選択してください。
仮にビットコインを送りたいときは赤枠のBTCを選択します。

画面が変わり「送信」と「受信」が表示されるので、希望する方を選択します。

出金する場合(左の画像)は、出金先のアドレスをコピーペーストするかQRコードを読み取り、ビットコインの額を入力します。送金確認をタップすれば送金処理が完了しますので、反映されるのを待ちます。取引が承認されれば送金は完了です。

入金の場合(右の画像)はアドレス部分をタップしてコピーし、そのアドレス宛てにコインチェックやZaifといった自分が登録している取引所のウォレットから送ります。

Bitpie(ビットパイ)でウォレットデビューしてみよう

Bitpieは見やすく分かりやすいインターフェースなうえ、日本語にも対応していることから初心者の方でも安心して使うことができます。また気になるセキュリティにおいてもマルチシグネチャに対応するなど大事な資産をしっかり守ってくれます。通貨も40種類以上に対応しているので、取引所でしか保管できなかった通貨もBitpieでなら保管することができるかもしれません。
安全で便利に資産を保管するなら、まずはBitpieをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。ウォレットが初めての方のウォレットデビューにもBitpieはおすすめです!

この記事に関連するタグ

Wallet Press編集部

Wallet Press編集部

PAGE TOP